髪に自信を|白髪染めで新しい自分になれる

女性

ツヤを出しつつ癖を伸ばす

髪の手入れ

髪のうねりやクセが気になる方にとってストレートアイロンはとても画期的なアイテムです。特にマイナスイオンを発生するタイプは人気があります。しかし髪の健康を考え、熱を長時間髪に当てすぎないように、ぜひ注意しましょう。

読んでみよう...

自分で綺麗に染めるコツ

ヘアカラー

1にも2にもブロッキング

白髪染めをされる方は、美容院で毎回頼むとどうしても時間とお金がかかってしまいます。自宅で手軽にでき、しかも美容院に負けないくらい綺麗に染めたい、という思いは、白髪のある方は誰しも思うことでしょう。ちょっとしたひと手間で、美容院で染めたような仕上がりになる染め方があります。染め方、というテクニック的なものというよりは、染める前の手順です。まず、髪をブラッシングし、毛流れを整えたら、全部で最低6個に髪の毛をブロッキングします。髪の長い方や多い方であれば、10個あるいは12個くらいにブロッキングできればなお良いでしょう。ブロッキングしたら、前髪、耳の上、襟足、襟足からはだんだんと頭頂部に向けて、といった具合で染めていきます。

1000円以上のものを

ブロッキングには多少面倒さは伴いますが、慣れてしまえばだんだん早くできます。あとは、先ほどの順番通りにブロックを崩していくのです。ブロッキングする際は、100円ショップなどに売っているゴムなどが便利です。使い捨てできますので汚れても気にすることはありません。また、できればお使いになる白髪染めは1000円以上するものが理想です。白髪染めは安価なものから1000円以上のものまで価格帯がいろいろですが、市販のものは美容院で使用するものよりも強めの薬剤であることが多いものです。白髪染めは髪の内部まで色が入る仕組みがほとんどですから、できれば1000円以上が安心でしょう。また、コームよりもブラシで染めた方が手早く綺麗に染まります。ぜひ、こちらのコツを参考にして自分で綺麗に美容院のような仕上がりを体感してください。

艶を出して理想の髪型に

ヘアーアイロン

ヘアアイロンを使うと、日によっていろいろな髪形を楽しむことができます。なるべくヘアアイロンをあてる時間を短くするように心がけ、艶のある髪を作ることが大切です。ヘアアイロンには、ストレートタイプと巻き髪タイプがあるので、目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

読んでみよう...

自身が生まれる

シャンプー

ノンシリコンシャンプーはシリコンによるコーティングがないので、髪の毛がきしみやすくなります。しかし、髪の毛には何の問題もありません。気になる人はトリートメントを使いましょう。また、通常のシャンプーと違って、頭皮への刺激が少なく、育毛環境も改善されますので、おすすめです。

読んでみよう...